虫歯

診療時間
9:30 ~ 13:00 / /
14:30 ~ 19:00 / /
  • ○ 14:00~18:00 ▲ 14:00~17:00
キービジュアル

痛い」「削られる」「神経を抜かれる」
このような治療の不安、当院なら払しょくできます。


痛みの少ない治療
削る量を最小限にする治療
神経を守り、抜歯を回避する治療

痛みが少ない治療

痛みが少ない治療

  • STEP1表面麻酔剤

    注射前に麻酔剤を歯肉に塗布することで、針を刺す時の痛みを軽減します。

  • STEP2極細の針を使用

    注射で痛みを感じるのは、皮膚にある「痛点」が刺激されるからです。
    針が太いほど多くの痛点が刺激され、痛みを感じます。
    私たちは、現在発売されている中でも最も極細の針を使い、優しく麻酔を注入することで痛みを柔らげます。

  • STEP35倍速コントラ

    歯を削るときの「キュイーン」という音が苦手な方も多いでしょう。
    あの音は、エアタービンという器具が発する音です。
    当院では音が静かで振動も抑えられる「5倍速コントラ」というタービンを使用しています。
    エアタービンの音が苦手な患者様もリラックスして治療を受けられます。

削る量を最小限にする治療

削る量を最小限にする治療

虫歯治療では、基本的に虫歯に感染した部位を削り、中を消毒したうえで、削った穴を埋めます。
歯を削るときに、しっかり虫歯を取り切らなくてはなりませんが、削リ過ぎてしまうと歯に必要以上のダメージを与えてしまいます。

削ってしまった歯は二度と元には戻りません
このため、歯を削る量は必要最低限にしなければならないのですが、実際の治療では歯科医師の技術や考え方、使用する機器の精度によって削る量が左右されます。

虫歯の再発を繰り返すと、そのたびに歯は治療によってダメージを受けてしまいます。
もし、必要以上の歯が削られてしまえば、最後は大切な歯を失ってしまうことになるでしょう

そうならないためにも、歯科医師には「削る量を最小限にする」ことが求められます。
私たちの取り組みについて説明します。

  • 取り組み1患部を拡大し治療精度を高める「高倍率ルーペ」

    虫歯治療はとても繊細な治療です。
    それを正確に行うには、高い技術力が欠かせません。

    こうした難しい歯科治療の精度を高めるため、私たちは肉眼よりも何倍も視野を拡大する高倍率ルーペ(拡大鏡)を使っています。
    高倍率ルーペを使えば、患部を拡大し精密な歯科治療が可能になります。

    • 高倍率ルーペ
    • 高倍率ルーペ
  • 取り組み2う蝕検知液

    う蝕検知液は、虫歯になった部分だけを赤く染める薬剤です。
    これを使えば虫歯に感染した部位が一目で分かります。

    虫歯治療では虫歯に感染した部分をしっかり除去することが大切です。
    通常は歯の硬さを確認し、軟らかくなっている部分を削っていきますが、この方法では歯科医師の経験や勘に頼ることになり、歯科医師によって判断が分かれることもあります。
    虫歯の見逃しや削りすぎは、これが原因で起こります。
    う蝕検知液も使うことで、確実に虫歯の部分を取り除くことができます。

神経を守り、抜歯を回避する治療

神経を守り、抜歯を回避する治療

最近は歯の健康への関心も高まり、患者様から「歯の神経を残したい」「できれば抜歯したくない」というご要望を受けることも増えました。
歯の健康を保つには、正しい知識と適切なケアが欠かせません。
こうした意識の高い患者様が増えてきたことをうれしく思います。

「歯の神経を抜く」という治療は、虫歯治療としては歯を残すための最終手段です。
神経を抜いてしまった歯は根のない木のようなもので、脆く壊れやすくなってしまうからです。
ですので、可能な限り神経を抜かず、抜歯せずにすむように治療します。
具体的に、私たちがどのような治療を行っているのかを説明します。

  • 虫歯の再発を防ぐ「MTAセメント」

    虫歯治療をした後の穴は歯科用セメントを詰めて塞ぎますが、時間が経つにつれて隙間があき、虫歯が再発してしまうことがあります。
    一方「MTAセメント」は、口の中のように水分の多い場所でもしっかり固まり、しかも固まる際に膨張するという特徴があるため、しっかりと隙間を埋め虫歯菌の侵入を防ぐことができます。
    さらに、強アルカリ性で強い殺菌作用があり、歯の内部も清潔に保ちます。

    症例にもよりますが、これまで歯の神経を除去していたようなひどい虫歯でも神経を残すことが可能になりました。

  • 歯を残す治療「エクストリュージョン法」

    虫歯が悪化して根元だけになった場合、通常は抜歯するしかありません。
    しかし、「エクストリュージョン法」という治療法を使えば、歯を残せる場合があります。
    この治療は歯根挺出(しこんていしゅつ)術とも言い、矯正治療を応用したものです。

    簡単に言えば、根元だけになった歯にゴムをかけ、上から引っ張って根元を引き上げる方法です。
    ある程度引き上げることができたら、それを利用して土台をつくり、被せ物をします。

    根元を引き上げるのに1~2カ月ほどかかりますが、抜歯をせずに治療できます。

    • エクストリュージョン法
    • エクストリュージョン法
    • エクストリュージョン法

コラムたった1日、低価格で「銀歯を白く」することも可能です

目立つ銀歯を白くするには、銀歯をセラミック製の詰め物や被せ物に替えるのが一般的です。

しかし、セラミックを使った治療は銀歯と違って保険が適用されず、治療費が高価になってしまいます。

これに対し、最近はダイレクトボンディング法という治療法が普及し、セラミック治療と比べ安く、最短1日と短い通院回数で治療跡を目立たないようにすることが可能になりました。

ダイレクトボンディングとは、白い歯科用プラスチック(コンポジットレジン)を直接詰めたり、盛り付けたりして、穴を埋めたり欠損した部分を修復したりする治療法です。
費用や治療期間の面だけでなく、詰め物や被せ物による治療法に比べ、歯を削る量を少なくできるのが大きなメリットです。

ダイレクトボンディング法を使えば、銀歯を外して歯を白く修復することができます
ほかにも、歯の表面の傷や白濁の改善、すきっ歯の改善、歯の成形などにも応用が可能です。

すべての症例に適応できるわけではありませんが、興味のある方はぜひお問い合わせください。

※ダイレクトボンディング法を使った治療例。時間の経過とともにレジンが変色するリスクがあります。

虫歯治療後の詰め物・被せ物の種類

虫歯治療後、歯の修復に使われる詰め物や被せ物には、さまざまな素材があります。
保険適用で一般的に用いられるのが「銀歯」と呼ばれている合金で、治療費が安いのがメリットです。
しかし、治療跡が目立ちやすく、耐久性や治療の精度で劣るのがデメリットです。
金属アレルギーの心配もあります。

一方、セラミックなど自費治療で使われる素材は、治療跡を白く目立ちにくくすることが可能で、耐久性や治療の精度でも優れます。
金属アレルギーの心配のない素材も多いです。
私たちは患者様のご希望や予算を詳しくお聞きしたうえで、お口の状態に合った最も適切な素材を提案いたします。
詳しくは料金表をご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

WEB予約
電話番号

駅前 〒206-0011
東京都多摩市関戸1-1-5
ザ・スクエアショッピングセンター2階

このページの先頭に戻る